hishu (10).png

当院ではアレルギー検査が必要な5歳以上の方へ採血による検査を行っています

39種類一度で検査できるVIEW39をお勧めしております

検査項目が決まっておりますのでご相談ください

じんましん(急性・慢性)

かゆみを伴う一過性の紅斑や膨疹をさします。原因不明のことも多く、症状が6週間未満で治るものを急性蕁麻疹、それ以上続くものを慢性蕁麻疹と言います。治療には抗ヒスタミン剤を用います。 蕁麻疹の原因検査のためのアレルギー検査ではなかなか原因がわからないことも多いです。特に慢性蕁麻疹では様々な原因によって起こるため、検査しても原因を確定できず、混乱してしまうこともあります。患者様おひとりおひとりにあった治療をすすめてまいりますのでご相談ください。

花粉症

食物の花粉によるアレルギー症状です。血液検査でスギが陽性の場合、保険で舌下免疫療法が受けられます。内服でスギの花粉を体に入れて慣れさせていく治療になります。アレルギーがある物質を体に入れるのでアレルギー症状が起こる可能性があります。スギ花粉の飛散している時期(12月中旬から5月末)は治療をスタートする事ができません。

ダニアレルギー

ダニ(ハウスダスト)が原因のアレルギー性鼻炎は、くしゃみや鼻水、咳などの症状が出て、日常生活に支障が出ることもしばしばです。掃除中に鼻水がとまらなくなったり、友達の家の布団で目がかゆくなったりして困ったことはありませんか。ダニ(ハウスダスト)アレルギーを根本から治療する方法として、ダニ舌下免疫療法があります。 保険が適用されるため、ダニアレルギーでお困りの方に最適な治療法です。​

中毒疹・薬疹

抗菌剤や鎮痛剤で薬疹が起こる事が多いです。皮疹はさまざまですが、発熱、口の中の皮むけがある場合は重症になる可能性があるため、大きな病院に紹介することもあります。多くの場合は抗アレルギー剤とステロイド外用でよくなりますが、症状がひどい場合はステロイドの内服を処方することもあります。

アナフィラキシー

アレルギー反応の中でも特に重篤な状態です。ハチ、薬剤、食物などが原因のことが多いです。蕁麻疹、呼吸が苦しくなる、意識がもうろうとする、血圧が下がるなど様々な症状が出ます。特に呼吸が苦しくなる、意識がもうろうとする、血圧が下がるなどの症状が現れたら救急受診をしてください。

金属アレルギー

*当院では金属アレルギーなどのパッチテストは行っておりません。金属に触れただけではアレルギー反応を起こしません。金属アレルギーは汗や唾液などによって金属から出た金属イオンが皮膚につき、体が異物と判断してかぶれを起こします。金属アレルギーを起こしやすい金属はニッケル、コバルト、クロムなどです。ニッケルはピアスやアクセサリー、メガネのフレーム、時計にも使われているため、注意が必要です。

 
 
アートボード 2.png
 
 
初診の方へ (20).png
初診の方へ (11).png
午前 9:00-11:30 午後 13:00-16:30 (3).png

Copyright ©CHIGASAKI MAMA CLINIC All rights reserved.